財部誠一 HARVEYROAD JAPAN オフィシャルサイト
経営者の輪 最新のページ

お客様の価値を生むため“信頼の連鎖”をつくっていく

【紹介者:
セーレン株式会社 代表取締役会長兼CEO 川田 達男 氏】
コクヨ株式会社
代表取締役会長

黒田 章裕 氏

最新のページ
過去の対談相手
    財部ジャーナル
    財部ジャーナル
    2017年10月20日

    「札幌に行きました」

    先日札幌に講演会に行ってきました。病後、初フライトです。ドクターからはずいぶん前から「国内であれば何の問題もない」 と言われましたが、慎重を期し、控えていました。 おかげさまでフライトは快適、 …続きを読む
    借金時計とは?

    財部誠一出演・連載情報

    講演のお問い合わせ 財部誠一が講演の仕事に復帰いたしました!
    BSイレブン 「財部誠一の異見拝察」 BS11 毎月第4水曜日 23:00〜
    11月22日(水曜日)のゲストは
    作家 北 康利 氏
    北氏は東大法学部卒業後、1984年に富士銀行に入社。みずほ証券の 業務企画部長を経て2008年に退職。専業作家となります。 『白洲次郎 占領を背負った男』(講談社)が、第14回山本七平賞を受賞。 ほかに西郷隆盛、福沢諭吉、松下幸之助、吉田茂、安田善次郎などの評伝を ライフワークとしています。日本の歴史に名を刻む人物たちのエピソードを 伺いながら、日本経済の展望について語り合います。
    ※BS11 見逃し配信はこちら!
    新連載
    「脳梗塞からの帰還」
    「帰還〜脳梗塞との闘い365日の記録〜」続編がスタート!
    第1話  「石原元知事「脳梗塞で平仮名すら忘れた」の衝撃」
    第2話  「リハビリに全力、不安が増幅していく病院の夜」
    第3話  「脳梗塞との戦いの始まりで、最善は尽くせたか?」
    第4話  「脳梗塞の入院費用は?」
    第5話  「後遺症で「箸の持ち方」も分からず驚愕した」
    第6話  「短距離100mとリハビリ、共通する「10秒の壁」」
    日経ビジネスオンライン 「豊洲を「小道具」にするな、都知事は政治決断を」
    寄稿しました!
    財部誠一の闘病記 「帰還〜脳梗塞との闘い365日の記録〜」
    バックナンバー

    HARVEYROAD JAPAN INFORMATION

    2017.11.03 『神奈川ビジネスUp To Date』 テレビ神奈川 毎週月曜日21:00〜
    内田裕子がキャスターをつとめる経済番組。
    11月6日月曜日の放送は レストラン船「ロイヤルウイング」を取り上げます。
    ゲストは 株式会社ロイヤルウイング 代表取締役社長 中村 信仁 氏 横浜港の顔として人気の船「ロイヤルウイング」。横浜大さん橋から 毎日出航しています。美しい船体と美味しい中華料理が特徴。 ランチタイム、ティータイム、ディナータイム2回の、一日4回の運航で 観光客や地元のファンを喜ばせています。 中村社長が2012年に同社の経営を任された時、震災の影響で乗客数が減少して いたタイミングでした。どのような工夫で低迷期をしのいだのか。 また、インバウンド3000万人時代、オリンピック、そしてカジノ誘致など、 変わろうとしている横浜港において、ロイヤルウイングはどのような戦略を 持っているのか。ロイヤルウイングの船内で中村社長にご意見を伺いました。
    2017.10.20 『神奈川ビジネスUp To Date』 テレビ神奈川 毎週月曜日21:00〜
    内田裕子がキャスターをつとめる経済番組。
    10月23日月曜日の放送は鎌倉三大洋館である「古我邸」をご紹介します。
    スタジオゲストは、株式会社b.note 代表取締役社長 新井達夫 氏
    鎌倉の100年歴史がある大きな洋館に魅せられ、出会った瞬間に、 「この門を開けて、洋館に明りをつけたい」 「ここでフレンチレストランをやりたい」という目標を持った新井社長。 しかし、実現するのは簡単ではありませんでした。 夢の実現に立ちはだかったのは、家主、市役所、周辺住民、そして金融機関 などさまざまでした。資金も地域との信用もなく、ゼロから始めたことから、 交渉は遅々として進まず、仲間や出資予定者が去っていく中、 諦めず7年間待ったところ、協力者がひとり、ふたりと増え、 ついに念願の「古我邸」を2年前にオープンさせることができました。 信念の経営者ともいえる新井社長に、なぜそこまで洋館に執着したのか。 何に一番苦労したのか。そしてなぜ諦めずに最後までやり抜くことができたのか。 「古我邸」オープンの物語、そしてこれからを伺いました。
    http://kamakura-koga.com/ ←(古我邸オフィシャルサイト)
    2017.10.16 『神奈川ビジネスUp To Date』 テレビ神奈川 毎週月曜日21:00〜
    内田裕子がキャスターをつとめる経済番組。
    10月16日月曜日の放送は「神奈川なでしこブランド」を取り上げます。
    働く女性の活躍に光を当てようとする動きが増える中、神奈川県では県内に 拠点を持つ企業で、女性が開発した、または開発に貢献した商品(モノ・サービス) を募集し、「神奈川なでしこブランド」として認定しています。 今回は2017年に認定をうけた商品の中から、「葉山女子旅きっぷ」を生み出した 京急電鉄の元営業部の伊藤綾香さんと、更年期の体調不良に悩む女性のための サプリメント「エクエル」のプロモーション責任者であり、「女性の健康推進 プロジェクト」のリーダーである大塚製薬の西山和枝さんをスタジオにお招きし、 商品開発やセールスの際の工夫や苦労。達成感や課題。そしてそれぞれ在籍する 企業の女性活用について当事者として感じることなどを伺いました。
    2017.10.9 『神奈川ビジネスUp To Date』 テレビ神奈川 毎週月曜日21:00〜
    内田裕子がキャスターをつとめる経済番組。
    10月9日(月)のゲストは、
    横浜市美術大学講師 アートコレクター 宮津 大輔 氏
    横浜市文化観光局 ヨコハマトリエンナーレ2017 開催本部長 神部 浩 氏
    2週にわたって横浜で開催中の現代アートの国際展であるヨコハマトリエンナーレ を取り上げます。今回は2回目。ヨコハマトリエンナーレは予算10億円のイベントですが、 そのうち横浜市は6億円を拠出しています。予算に対する収支は黒字となっていますが、 税金を使う立場としてどのような点に気を遣っているのか、また横浜経済への波及効果 はどのようなものか、神部氏に伺いしました。 宮津氏には、いま世界中で急増しているアートイベントの現状について、また、 世界的なカネ余りの中、現代アートも投機の対象になっており、特に若い作家の作品が 高騰している中、そうした現象がアートの国際展に及ぼす影響などを聞きました。
    内田裕子最新情報

    神奈川ビジネスUp To Date
    内田裕子が経営者にインタビュー!
    テレビ神奈川 「神奈川ビジネスUp To Date」
    毎週月曜日 夜9時 出演中です!
    (再放送は毎週土曜日 夜11時30分)

    内田裕子オフィシャルサイト

    http://www.takarabe-hrj.co.jp/uchida/

    HARVEYROAD WEEKLY

     財部誠一の取材レポート

     1040号 (11月03日発行)
    経営者に“企業理念”ほどありがたいものはない
      「HARVEYROAD WEEKLY」のお申込みはこちら

    ■2017.04.23 借金時計の数値を更新しました■


    長期債務が1,093兆円へ向けて増加中!



    l>err) {}